レコードにはCDにはない魅力がある

レコードにはCDにはない魅力がある

レコードには、CDにはない魅力があります。
まず、レコードは音質が良いと言われています。
CDは、人間が聞くことが出来る周波数の音、20Hヘルツから20,000ヘルツの間の音だけを録音します。
これに対して、レコードは、人間が聞くことが出来ない周波数の音まで録音することが出来るのです。
よく「音に深みがある」という表現を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、この「深み」には録音出来る周波数の幅が関わっていると考えられています。
また、「育てる」感覚を味わえるのも魅力のひとつと言えるでしょう。
同じ盤でも、溝の汚れや針の状態で再生される音が違ってくるので、持ち主がどれだけ愛情をかけてメンテナンスするかが大切になってくるのです。
これに加えて、再生機器によっても音質が変わって来るのです。
こういった特徴を考えると、レコードには「好きなことにはとことんこだわりたい」という方のハートを掴む要素がぎゅっと詰まっているのがわかります。

レコードの音質とはCDなどと比べてどうなのか

レコードというと古いメディアでノイズが多く、音質はストリーミングどころかCDにも劣る印象ではないでしょうか。
確かに再生時にプチプチとノイズが混じるのはレコードの欠点ですが、同時にそれが独自の雰囲気を醸し出す要素となっています。
また、ノイズ以外の音質は時にCD以上にもなり、同じ楽曲でも聴こえ方がまるで異なることも珍しくないです。
レコードはそもそもアナログで、CDなどとは記録方式が違いますから、出てくる音が違うのも当然です。
アナログは一般的にデジタルよりも音が滑らかな傾向で、柔らかくて心地良いと評されます。
レコードにはデジタルにはない良さがありますから、今でも一定のファンがいますし趣味として好む人も存在するわけです。
手間だけを見れば確かに嵩張りますし面倒もありますが、しかし音の良さや魅力の点では現代でも通用します。
むしろデジタル再生の方が劣るという人もいるくらいなので、簡単に優劣をつけられるものではなく、聴いたことがなければ一度聴いてみる価値があるといえるのではないでしょうか。

temaに関する情報サイト
レコードの魅力

このサイトではレコードの魅力などを詳しく紹介していきます。現在はスマートフォンやタブレットを利用して音楽を聴くことができる時代ですが、アナログの方法で音楽を楽しみたいと考えて根強い人気があります。昔利用していた高齢の方だけでなく、若い世代からのニーズが高くなっていることも注目するべきポイントです。この流れは今後も続いていくと予測されいます。サブスクは確かに便利ですが、音楽の楽しみ方は人によって異なります。

Search